モモのブログってどんなの

【辛口評価】Dibea c17コードレス掃除機はバッテリー寿命の罠があるので注意

dibea-c17の評価・レビュー バッテリー寿命

我が家では猫アレルギーにもかかわらず猫(モモ)を飼っているので掃除は必須です。

特に掃除機は猫アレルギー対策として、かなり悩んで買いました。

もともとコード付きの掃除機はあるんですが、リビングとダイニング以外にも廊下や階段や別の部屋といったところを毎回コンセントを付け替えて掃除をするのが大変です。

ということで、猫ちゃんを迎えると同時にコードレスの掃除機を買うことにしました。

しかしこのコードレス掃除機の「Dibea c17」には思わぬ落とし穴があったのです。。

補足メモ
あくまで我が家での実体験をもとにした評価・レビューなので全てのご家庭で同じ症状が出るとは限らないのでご了承ください

Dibeaコードレス掃除機「c17」の落とし穴

猫アレルギー対策 掃除機

我が家で購入したコードレス掃除機はDibeaという中国ブランドの「c17」という型番の掃除機です。

なぜこの掃除機にしたかというと、まずは値段が安い。そして評価・レビューが非常に良かったからです。

ただし、商品販売ページに記載されている評価・レビューというのは購入後からすぐのものが多いですよね。

購入してから1年後にレビューを書き込む方はなかなかいないと思います。

dibea-c17の評価・レビュー バッテリー寿命

私がDibea c17を購入したのは約9カ月ほど前です。

そしてある日、突然コードレス掃除機が動かなくなり電源が付いたり消えたりするようになりました。

メーカーに問い合わせると『バッテリーの寿命』だそうです。

またバッテリーに関しては、消耗品のようなので半年を過ぎると保証の対象外になり有償になるとのことです。

「ムムム…1年未満でバッテリーの寿命が来るのか!?」と思い、色々とメーカーに問い合わせた結果、コードレス掃除機に関して様々なことが分かったので情報をシェアしたいと思います。

バッテリー寿命は約12ヵ月~18ヵ月

コードレス掃除機のバッテリーの寿命についてですが、Dibea c17に限らず他の高価な国内メーカーのコードレス掃除機でも約12ヵ月~18ヵ月(1年~1年半)だそうです。※メーカーいわく…

要チェック
ただしこのバッテリー寿命の1年~1年半は頻繁に掃除機を使っている場合です!バッテリー寿命は掃除機の使い方や管理状況によって大きく前後します!

ちなみに我が家でのコードレス掃除機の使用状況は▼こんな感じです。

コードレス掃除機の使用状況
  • 使用状況:毎日使用、1日二回
  • 昼と夜に起動:昼が約5分、夜が約10分
  • 吸引力:ほとんど「強」で使用
  • 充電:残りゲージが1になると充電
  • 充電状況:夜に充電して朝に充電器から取り外す
  • お手入れ:約1ヶ月に一回

この状況を伝えるとやはり、バッテリー寿命はどのコードレス掃除機を使っても1年前後だそうですよ。

特に使用状況が多いのと、吸引力を「強」にして使っているとバッテリーの消耗が激しいようです。

dibea-c17の評価・レビュー バッテリー寿命

ただ、商品ページには1000回以上使用可能と記載されています。私が9カ月間毎日二回使っても9カ月×30日×2回として540回です。。

やはり文句の一つや二つは言いたくはなりますよね。

バッテリー寿命を延ばす工夫

ではバッテリー寿命を延ばすためには何を気を付けなくてはならないかというと、、

充電する時もリチウムイオン電池を採用しているので「満タンになると充電器から抜く」「充電は完全になくなってから充電する」等の工夫をするとバッテリーの持ちもよくなるとのこと。スマホと一緒ですね!

またフィルターのお掃除も毎日使うのであれば頻繁に(約1週間に1回ほど)すると吸引力を持続するパワーも使わないので多少はバッテリー寿命が長くなるそうです。

バッテリー寿命を延ばす工夫
  • 充電は完全に無くなってから充電する
  • 充電が満タンになると充電器から抜く
  • フィルターの掃除を頻繁にする

今回はコードレス掃除機の買い替えも検討しましたが、上記のことに気を付けてバッテリーの交換を行うことにしました。

バッテリー交換費用

Dibea c17のバッテリーはネットショップなどでも購入することができますが、メーカーだと5,500円します。

補足メモ
バッテリー交換は、新品購入後の半年~1年の間だと2,000円引きの3,500円になります。

※次回からは半年の保証期間が過ぎれば5,500円。

そこから着払い手数料が310円必要になるので、合計で5,810円が必要になります。(今回は半年から1年の間だったので3810円)

1年に一度バッテリー交換が必要と考えて計算すると、毎年6,000円近い維持費が必要となります。

2年間で12,000円、3年間で18,000円です。。これはどんなに本体代金が安くても本末転倒になりかねませんね。

コードレス掃除機のメリット・良い点

dibea-c17の評価・レビュー 良い点

なにかと文句を書いていますが、コードレス掃除機には非常に優れた点もたくさんあります。

今回は購入したDibea c17のコードレス掃除機を例にメリットを挙げると、、

Dibea c17のメリット
  • 階段や廊下などどこにでも持ち運びができる
  • 溜まったゴミの掃除が簡単
  • フィルターの掃除も比較的簡単
  • 本体がオシャレで壁にかけられる
  • 音が静か
  • そこそこパワーもある
  • ソフトローラーブラシでペットの毛もしっかり吸引

後はメーカーの問い合わせにも真摯に受け答えしてくれたのも好印象でした。

バッテリーの交換が9ヵ月で必要になったのは残念でしたが、メリットを書き出したらそれ以上に良かった点も多いのが悩ましい所です!

おすすめのコードレス掃除機

今回私は、「バッテリー交換を一度してみる」という選択肢を選びましたが、買い替えのコードレス掃除機の候補として定番ですがダイソンが挙がってきました。

もちろん今回のバッテリー交換の件を踏まえた結果、Dyson(ダイソン)掃除機の保証は1年ではなく2年間になり、さらにバッテリーにも保証がきくとのことです!※公式サイトでの保証登録が必要

また個人調べではありますが、ダイソンの新品を購入して2年以内にバッテリー寿命が来るということも少ないように思います。

本体代金が高いように思いますが、維持費や保証内容も含めると費用対効果が良くDyson(ダイソン)掃除機は優れいているのは間違いないですね。

まとめ

コードレス掃除機の値段はピンキリ。1万円以下の安価なものから10万円近くする高価なものまであります。

しかし、安価なもので保証がなくバッテリー交換がすぐに必要になれば、総合的に結局は高い買い物になってしまう可能性も有ります。

コスパが良い!と思って買った掃除機が実は・・・とならないためにも、

掃除機の価格・機能性にプラスして「バッテリー寿命」やバッテリーの金額なども確認しておく必要があるかもしれませんね。

【重要】追記

Dibea c17を使い始めて1年が過ぎたあたりにフロアヘッドのブラシ部分が回らなくなりました。1年が過ぎているので保証も効かない状態です。

ヘッド部分は約2000円で買えますが、その他のパーツもいつ壊れるか分からないので、コードレス掃除機を買い買えることにしました。

Dibea c17は1年間毎日使っていましたが、軽くて静かでそこそこ吸ってくれていたので使い勝手自体は満足していました!

我が家ではかなりの頻度で掃除機を使用していたので仕方がないことかもしれませんが、耐久力がもう少しあれば…とも思います。

新しく買い換えたコードレス掃除機はダイソン・・・ではなくMooSoo k17という懲りずに中華製の掃除機です。

しっかりレビュー記事を書いたので、よかったら参考にしてくださいね。

MooSoo k17のレビューと評価MooSoo k17コードレス掃除機のリアルレビューと評価

コメントはお気軽にどうぞ

モモブログに遊びにきていただきありがとうございます。感想や感じたこと、愛猫ちゃんのお話や共感できる点などがあればぜひ教えてくださいね!※コメントは認証制です