モモのブログってどんなの

【辛口評価】ランキング上位の激安の紙の猫砂の失敗談|おすすめできない理由とは

猫砂 トイレ 失敗談

猫用品ランキングやレビュー数で第1位の猫砂を買った失敗談です。実際に使ってみた感想や実験画像にくわえ、ネットショップでの猫砂選びの注意点、本当におすすめできる猫砂も記載しているので参考にしてください。

猫トイレ砂の種類

猫のトイレで使う砂の種類は大きく分けて下記に分類されます。

猫砂の種類と特徴

  • ベントナイト系(鉱物)
    特徴:固まりやすい
  • シリカゲル系
    特徴:脱臭力抜群
  • 紙系
    特徴:軽いので持ち運びが◎
  • おから系
    特徴:環境に優しい
  • 木系(ペレット)
    特徴:消臭効果あり

猫砂で猫が好んで最もポピュラーなものが「ベントナイト系」です。特徴としては『しっかりと固まって安くて手に入ること』でも重量があるので重いです。

「シリカゲル系」は消臭効果が抜群ですが高いものが多いです。

我が家で使用している「紙系」は軽くて処理方法が簡単なので助かっています。しかし紙系は後述しますが商品により大きな差があります。

「おから系」や「木系」は食品や自然のものを利用しているので環境に優しいですね。

猫砂の種類によって特徴やメリットが異なるので飼っている家の環境に合わせてあげましょう。

猫砂の種類と特徴は下記の記事で詳しく解説しているので併せて参考にしてくださいね。

猫砂の種類と特徴猫トイレの猫砂の種類と特徴メリットデメリットを総まとめ!

紙製の猫砂を選んだ理由

紙系の猫砂 失敗

たくさんある猫砂の種類ですが、我が家では色々試した結果「紙系」の猫砂を選ぶことにしました。

猫砂(紙系)を選んだポイント

  • 価格が安い
  • 処理が簡単
  • トイレに流せる
  • 評価が良いもの

上記のことを調べた上で、私が重視したポイントは『価格が安い』と『すぐに処理ができる』という点です。

また、おしっこやウンチは置いておくと臭いも気になるので、すぐに処理できる「トイレに流せる」というのは絶対の条件でした。

他にも紙系には『軽い』というメリットがありますが、ネットショップで購入するので重さ・軽さはあまり重要視していませんでした。

また猫砂は消耗品なので、できるだけ安いものがいいというのが本音。

しかも「安い」だけじゃなく、「安くて評判の良いもの」ということも重視して探しました。

ネットショップでの強みは評判や口コミ、レビューを確認して実際に使ったことのある飼い主さんたちの意見が聞けることです!

評判やレビューが良いということは、その商品が良いものということを表しているバロメーターなので「できるだけ多くの良いレビューが入っている商品」を選定しました。

(そこに罠があるとは知らずに・・・)

ネットショッピングでレビューランキング1位のものを購入

実店舗よりもネットショップで猫砂を購入した理由は「実店舗よりも安かったから」と「レビューで実際に使っている感想が見れるから」です。

そして色々な商品を見た中で、価格・レビュー共によかった下記の商品を選びました。

猫砂 紙系

レビュー総数が4,000件近くあり、★4.25と高評価の商品です。

レビュー数ランキングでは楽天で1位を獲得しており、値段もかなり安かったので7Lの6袋をまとめ買いしました。

猫砂 まとめ買い 失敗

良いレビュー(一部)

この紙砂を何年も使い続けています。よく固まるので掃除も楽です。

コスパ良し、臭い無し、水洗トイレに流せるので便利でリピしています。

値段も品質もバランスが良く必需品です。猫砂はどれを買おうか迷いますが、こちらの砂に決めてから迷うことなくリピートしています。

★5のレビューがが中心で、上記のような絶賛レビューが多かったので「これしかない!」と信じてまとめ買いしまったことを実は後悔しています。。

【失敗】実際に使ってみた結果

なぜこの猫砂を失敗だと思い、買ったことを後悔したかと言うと、実際にこの猫砂を使ってみた結果、、

失敗だと思った理由

  • 実際は固まりが悪い
  • おしっこで砂の色が薄いグレー色から濃いグレー色に変わるようだが分かりにくい
  • 砂を入れた時の粉立ちがひどい

などなど、実際のレビューとは正反対だったのです。

固まりが悪いのはかなり致命的で、紙系の猫砂のメリットを殺してしまっているので、かなり残念です。

紙系猫砂 固まりが悪い 失敗

実際に他の紙系猫砂と水で実験して比べてみましたが、その差は歴然でした。

おしっこがかかった砂の色が「薄いグレーから濃いグレーに変わる」というのも正直分かりにくいです。

紙系猫砂 実験 失敗

どこにおしっこをしたのかが分からないので、探っているうちに固まりが悪いのでボロボロになり尿がかかっている砂が散乱してしまうという悪循環が生まれます。

また、掃除をする以前の問題で、猫ちゃんがおしっこをしたあとにウンチをしようと砂をかいた時点で砂が散乱してしまうというのもよくあるパターンです…

トイレの掃除は毎日のことなので、これには困ったものです。

またレビューには粉立ちが少ないとありましたが、実際はかなりホコリが舞いやすく、マスクをしたり息を止める必要があります。これでは猫ちゃんの健康被害も少し心配ですね。

商品として粗悪品、、とまではいかなくても何故ここまで評価が良いのかが私には分かりませんでした。

しかし、商品レビューをよくみると★1の悪いレビューも多く、私と同じような感想を持った方も多いことに気付きました。

悪いレビュー(一部)

無臭と書いてありますが、袋から出したらツーンっとキツい臭いがして驚きました。
我が家の猫はいつも通りにおしっこ うんちしていましたが、細かい砂がすげー飛び散ったり細かい砂が多くてまめにシートを取替えないとシートにビッシリなのとオシッコの吸収が悪いみたいでシートがびっしょりでした。
臭いもキツいし 吸収されないしで 最悪です。評価を見てて 星5つとか私には考えられません。人気なのもびっくりです。

今まで猫砂にこだわったことはありませんが、こんなに使えないものは初めてでした。びっくりしました。もう2度と買いません。

今まで使ってた中で1番使い勝手が悪いです。でも人気なんですよね?不思議です。

まったく固まらないしやたらちらばる(T▽T)まとめ買いする前にためさなあかんかったと、後悔。。

★1のレビューは辛口な意見が多いですが、私と意見が同じです。また臭いが気になるという方も多いように思いました。

とはいっても★1や★2の悪い評価のレビューは総数からすると約7%ほどです。。あまりにも評価と商品とのギャップを感じたので個人的に調査してみました。

すると、断定はできませんが最近になり「商品がリニューアルされた」かも…という話もありました。いわゆる改悪というやつですね。

以前は評判の良い商品でしたが『改悪により残念な商品になり下がってしまった』という可能性が高いですね。

まとめ

よく見ると悪いレビューも多かったものの、あれだけ高評価(総合評価4以上)だと「本当に良い商品なんだ!」と信じてしまいます。

まぁ、本当に悪い商品というわけではなく、満足して使われている方がいることも事実なんですが、私個人としてはレビュー★1の方々と同意見ということです。

私が今回の商品で感じたこと、反省し次に活かしたいと思ったことは▼

  • お店が作った商品販売ページの謳い文句や良いレビューにつられない
  • 悪い評価をしっかりチェックすること
  • 1件悪い評価があるからダメではなく悪い評価の割合を見る
  • 初めからまとめ買いをしないこと(これ重要)

セットで買うと割安になるしお得感につられて初めての猫砂でもまとめ買いしてしまいがち(私です…汗)

しかし初めて使う猫砂は試しで単品で買ってみて『使いやすいか、猫ちゃんが嫌がらないか』をしっかりと確認することが大切ですね。

これをおすすめしたい!

今回は猫砂選びで失敗しましたが、失敗したことを教訓にして様々な猫砂を試していました。

そして同じ紙系の猫砂でも「安くて・固まりやすくて・トイレに流せる」良い商品に出会うことができました。

紙系 猫砂 おすすめ

正直この猫砂はネットショップでもレビュー件数は少ない商品なのですが、本当におすすめです。

固まりやすさは段違いに良いうえに、砂は白色でおしっこがかかったら青色に変わるので一目でおしっこの確認ができます。(上の画像で固まりやすさを比較している猫砂もコレです)

この猫砂が良いと思うポイント

  • 価格が安い
  • 固まりやすい
  • 尿がかかると一目で分かる
  • トイレに流せる

さらに上で紹介しているレビューランキング1位の猫砂よりも安いという折り紙付きです。

またこの商品についてはしっかりとしたレビュー記事を書きたいと思います。

コメントはお気軽にどうぞ

モモブログに遊びにきていただきありがとうございます。感想や感じたこと、愛猫ちゃんのお話や共感できる点などがあればぜひ教えてくださいね!※コメントは認証制です